事故や事件に巻き込まれない方法

老人が車のアクセルとブレーキを踏み間違えて、100kmを超えるスピードでこちらへ向かってくる。もし仮にそれに気づいたところで、右に飛ぶべきか左によけるべきか、はたまたイチかバチかで上に飛んでみるか、正確な判断などできるわけがない。

職場で仕事をしていたら、パクリやがってー!!と叫びながらガソリンを振りまき引火し、手に持っているナイフを振りかざしながら暴れ狂う男を避けて逃げ切れる自信もない。

世の中どうしちまったんだ。

こんな事故や事件に巻き込まれない方法なんてあるものなのか。

いや、ない。

人が考えられるちょっとした事故や事件なら、日常的に回避してきたのだと思う。

だけど、ここ最近毎日のように飛び込む理不尽な事故や事件は、避ける方法などないのだ。

あるとすれば、そんなことにならないように祈るだけか。

 

被害に遭った方々にお悔やみ申し上げます。

遺族の方々の心中をお察しします。

池袋で事故に巻き込まれた母娘さんの旦那様は今まだ謝罪を受けていないそうです。上級国民だかなんだか知りませんが、何の落ち度もない市民が突然命を奪われて、その犯行を犯した人間を容疑者扱いもせず、役職名で呼び、今も普段通りに一般社会に住んでいられる状況をおかしいと思わないのか。

8月3日のお昼前に池袋で署名活動を旦那様がされるそうです。一人でも多くの方の署名が集まるよう私も望んでおります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ママ活 掲示板について書かれています。