台湾地震について

数日前に台湾で大きな地震が起きた。犠牲者の数が未だに把握できない状況だという。この震災にあった全ての方々にお悔やみ申し上げます。

10階立てぐらいのビルの1,2階がなくなったのを見て、本当に心が痛みました。一日も早く日常に戻れるよう願っております。

そんな折、こんなネットニュースをみました。今回の震災で日本から救助隊が台湾に入国し活躍しているそうなのですが、中国の救助隊は断られたのだそうです。

そこで中国が声高に台湾は大陸は受け入れないのか。ケンカを売っているのかのような発言が飛び交っているというのです。

残念ですね。この状況にも関わらず、政治的な話を高圧的にしてくる人たちは今台湾で起きている震災で多くの方が困っていることに目を向けず、自国の力をこぶしを振り上げようとしているのですから。

少なくともこの状況で、日本の救助隊が断られるようであれば、「では、日本にできることはないでしょうか?何なら日本は台湾のためにできますでしょうか?」と思案すると思うのです。

台湾という国は311の震災の時にも多くの募金を日本のために集めて送ってくれました。そんな彼らに私たちはできることをそれぞれ考え、行動におこしたい。今はただその想いだけなのです。jメール静岡