ゲリラ豪雨の前に気圧は下がる

夏の暑い日等の午後にゲリラ豪雨が増えた。これは地球温暖化が原因だと言う人がいるけれど、私はそうは思わない。少なくとも昔から短時間での大雨はあったのである。しかしエアコンの使用が増えたことでの温暖化は実際にあるとは思う。ともかく原因はどうであれ、ゲリラ豪が起こる前に体で感じることを書いてみたいと思う。

まず第一に気圧が低下することで軽い頭痛と、耳に違和感を感じることが多い。雨が降ってくる前と言うのは気圧が下がると言うのは実際にあるそうだが、これを体で感じることができるのだ。もしこれを会得したいのであれば、雨の日に外へ出て感じる気圧と晴れた日の気圧を体で覚えることだ。

それがわからないうちはYahoo!のアプリにある今現在のリアルタイムの雨雲を確認して、あと何10分後に雨が降る状況での気圧と、実際に雨が降り始めたときの気圧を体感するとよくわかる。

ゲリラ豪雨も実はそんなに悪いことでは無い、日常的に雨が少ない東京都では恵みの雨になるのだ。しかし問題なのはそれがあまりにも短時間に大量に降ることである。川の近くに住んでいる方や家の周辺に水害が起こりやすい環境の方は備えが必要ではある。

備えあれば憂いなしなのである。医療脱毛 安い 福岡